カーゴ便を使ってみよう!

カーゴ便の「深夜料金」

カーゴ便の「深夜料金」について

カーゴ便の「深夜料金」 手頃な料金で使えるのが魅力のカーゴ便ですが、利用する時間帯によっては割増料金がかかってくる事もあります。
分かりやすいのが夜間に利用する時の深夜料金でしょう。
深夜となる時間設定は午後10時から午前4~5時ぐらいのところが一般的です。
割増率は高ければ50%とかなり高いので、利用前には時間も注意しておくと良いでしょう。
また、利用予定がカーゴ便業者が設定する休日になっている場合には、深夜に加え休日料金もかかってきてさらに料金が増える事もあります。
休日に該当するのは土日祝日である事が多いので、事前に利用日を見ておくと安心できます。
これから使ってみようと思っている時には、料金の算出が難しく感じることもあるでしょう。
その時には利用前に見積もりを取ったり、料金シミュレーションがあればそれを使って大体の支払い料金を確認しておくと良いでしょう。
業者によっては割増料金なしというところもあるので、こうした業者を探して利用するのも手です。

カーゴ便の「荷待料金」について

カーゴ便の「荷待料金」について 近年配送業務が多様化し、需要によって使い分けることができるようになっています。
バイク便やカーゴ便は、業者に集配を依頼し、集荷に来たスタッフが集配センターを介すことなくそのまま目的地まで荷物を運んでくれる一対一の配送サービスで、カーゴ便はバイクでは運べない大きさの荷物を軽車両にて配送するサービスになります。
配送時間に全く無駄がない分、配送スピードに関しては最高ですが、それだけに料金は割高になる傾向があります。
また、集荷に来てもらった際にスタッフが到着してから荷物を手渡すまでに、一定時間を超えて待たせてしまう場合には「荷待料金」というものが発生する業者がほとんどのようです。
その料金は業者によって異なりますが、到着から最初の10~30分をサービスとし、その時間を超過した場合に、10分毎に500円、30分毎に1000~1500円というのが相場となります。
集荷を依頼する際にはそのような点も十分注意して、無駄な追加料金が発生しないように気を付けたいものです。

Copyright © 2017 カーゴ便を使ってみよう! all rights reserved.