カーゴ便を使ってみよう!

カーゴ便の使用制限

カーゴ便の使用制限

カーゴ便の使用制限 最近はカーゴ便を利用して荷物を運ぶ人も増えてきましたが、バイク便では積載できないような重さの荷物を軽ワゴン車で配送できるのでとても評判がいいです。24時間いつでも電話をかければ指定の場所に取りにきてくれるので便利ですが、配送距離に応じて運賃を算出してくれるので、一か所に配送する個数がまとまれば宅配便よりも安く利用できてお得です。
カーゴ便を依頼する前に確認しておくといいのが荷物の積載制限です。軽ワゴン車に積める大きさであれば配送が可能ですが、サイズが大きいとせっかくカーゴ便に依頼しても配送できないので無駄足になってしまいます。カーゴ便を依頼する前にサイズをしっかり確認しておくといいでしょう。ちなみに重量制限もあるので重量もしっかり確認しておくことも大事です。
集荷エリアの制限もあるので、自分の住んでいるエリアは集荷エリアに含まれているのかも確認することが大事です。距離によって運賃も違うので依頼する前に確認しておくといいでしょう。

カーゴ便に乗せられる容量は?

カーゴ便に乗せられる容量は? 複数のかさばる荷物もまとめて運んでもらえる非常に便利なカーゴ便ですが、業者が使用する車両ごとに容量制限が設けられています。
容量制限の目安となっているのは荷物の大きさや重さということで利用案内に縦横高さがそれぞれ何センチメートルまでといったサイズが明記されており、カーゴ便の利用を考える際には荷物の大きさをあらかじめ計測しておいて個数などの単位と共にしっかりチェックしておく必要があります。サイズだけでなく重量の確認も大切で、軽ワゴン車両でのカーゴ便の場合で350キログラムまでといった重量制限が設けられていることから、その重さを超えた荷物になっていないかどうか、しっかりチェックしておくことが重要です。カーゴ便の業者によってはミカン箱サイズで66個分やビールケースで36ケースなど感覚としてわかりやすい容量が記載されており参考にしやすくなっていますが、見た目の大きさ以上に重量がある物の運搬を依頼したい時は、念のため総重量に注意しておいたほうが安心です。

Copyright © 2017 カーゴ便を使ってみよう! all rights reserved.